スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイエルNo.89 

こんばんは。わっちです。

最近、ブログの更新が多いと思いませんか?
僕自身、近頃ブログを書く頻度が多いなぁ~と
他人事のように感心します@(・●・)@

と言うのも、iPhoneのFC2アプリで気軽にブログ記事が書けちゃうんですよ。

でもまぁ、お陰様でただでさえ内容の薄いブログを
ますます薄くしておりますがね…。


さて、今日はバイエル89番です。
fc2blog_201204132144304e0.jpg

楽譜を見る限りでは、そんなに難しくは思いませんでしたが、
実際に弾き始めるとリズムを取るのがかなり難しぃ。

メトロノームに合わそうとするも、これまた合わせにくい。
大縄跳びの「わっちさん、お入んなさい」のタイミングにあわせて入る感じと
そっくりです。

さてさて、出来栄えはどうでしょうか…。
強弱感を意識したつもりですが、う~ん…難しいです。

~演奏動画~
■バイエル89番


そうそう、今まで撮影をするときには、「手」だけが映るように
カメラを設置してたんです。

前回くらいからかな?もう少し映る範囲を広くしてみました。



で、何が言いたいかと言いうと



今回の動画を見ていて気付いたのですが、曲の弾き終わりの右手の動き…。

なんだかピアニストっぽくないですか(>_<)b

意識は全くしていないです。
ふつーに、いたって普通に弾いただけなんですよ。

なんだか変なところを発見してしまって、なんだか恥ずかしいです…。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
↑応援クリックよろしくです。

Comments

左手はregatoですよー
leggieroじゃなくて

ゲストさんへ

コメントありがとうございます。
お返事が遅くなりました(^_^;)

regatoとleggiero…。

もともと音楽用語の意味を分かっていなくて、調べてみました。

regato…滑らかに。
leggiero…軽快 優美に。

実は、regatoとか全く意識せずに弾いていたんですが、
僕の演奏はleggieroなんですね。

鍵盤から指を離すのが早すぎる!?ということで、滑らかに弾けるようにと練習してみたのですが、
かなり難しいです…。

コメントを頂いたおかげで、「滑らかに」という感覚がなんとなくわかりそうです!

ありがとうございました。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://violinpiano.blog136.fc2.com/tb.php/117-95d61b85

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。