スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さんにお詫びがあります。 

こんにちは。わっちです。
今日は、皆さんにお詫びがあります。

これまで、このブログを通してたくさんの方々から応援をして頂いたり、
楽器の演奏について、また音楽という事について教えて頂いたり、
独学でスタートしたピアノの超超初級レベルにも関わらず演
奏を聞いて頂いたり、日常の小さなコトにまで共感して頂いたり…と、
ネット上の繋がりではありますが、とてもたくさんの方々と出会うことができ、
本当に有難く思います。


先日、バイオリンのレッスンに行きましたが、
僕の怠慢により約1年半ぶりのレッスンとなりました。


小さい頃に嫌々習ったことがあるくらいで、
今では肩当ての向きも「どっちだっけかな?」と
その都度思い出さないといけない程、全く弾くことができません。


実は、先日のレッスンでも僕が全く練習をしていないというのが、
あからさまに分かるほどの状態でした。


練習に取り掛かろうとする僕の行動とバイオリンの状態が、
今までの怠慢を表していたようです。



教える側と教わる側。



プロにさせたい、プロになりたいという考えは、互いに毛頭ございません。


ただ、僕自身が学びたいという意欲に欠けていたのは事実です。

教わる側の態度によっては、教える側の気持ちにも影響が出てきます。



上手く弾けなくても問題ない。

上達し続けなくても、問題ない。


ただ、懸命にしようという思いがあれば…と。


先日のレッスンでは、このような「バイオリンを学ぶ」というレッスンではなく、
「学ぶ事という事を学ぶ」というレッスンが大半となりました。


このことで、バイオリンについて考える機会となり、
色々と想いを整理したところ…、






やっぱりバイオリンって楽しい。




やっぱり、バイオリンを続けたい。





そんな思いを、改めて自分で感じることが出来ました。



イチからやり直す。

いや、ゼロからやり直したい。


気持ちを新たに…。



そんな思いを込めて、このブログのサイドパーツで表示している
バイオリン歴のリセットをさせて頂きます。




今日から、本当のスタート!


ばっちゃんの期待に答えれるよう、
頑張るぞぉ~!!♪───O(≧∇≦)O────♪




スポンサーサイト

バイオリンの練習しました。 

今日はバイオリンの練習のお話。


ってか、のだめあるの知らなんだ。。
BSで坂本隆一のライブの様子の番組があったのも知らなんだ。。。

途中から見るのも悔しいので、見なかったし。。。(-"-)


いいもん!今度、何かで見るもん!(;一_一)



さて、本題。バイオリンのお話です。

バイオリンを始めてから、かれこれ一か月近く過ぎようとしています。

今までの生活では想像つかないほど楽器というものと戯れておりますが、
肝心の日々の練習は…と言うと、ピアノ9のバイオリン1くらい。
気持ち的には、もっともっとバイオリンの練習を頑張ろうと思いたいのですが、
今のところはこんな感じです。

う~ん、言い過ぎかな。ピアノ9.7のバイオリン0.3くらいの割合。v(^-^;)


普段の生活スタイルにも、ようやく「楽器」という生活習慣が根付きつつあります。

仕事が終わって帰宅、そして寝室で着替えたあとにその流れでピアノを
チョロチョロチョロ~っと練習。時間で言うと15分くらいかな。
それからご飯作りーの、食べーので、その後テレビ見ながらゴロゴロゴロ。

「うぉ、もうこんな時間」なんて思いながら、再びピアノの前に座って練習再開。

んで、また1階に降りてお風呂入って、テレビ見ながらゴロゴロして、
「おっ、もうこんな時間だ」なんて思いながら、再び2階へ駆けのぼり、ピアノ練習の続きを。


ん…書いてて気づいたんだけど、どーせなら
ピアノの練習をしてて「あぁ、もうこんな時間」でご飯へ、お風呂へって感じで書いたら
カッコよかった気がする…。

でも、まぁーいいや。本当のことだし(-_-;)。


と、現実はこんな感じで日々を過ごしておりますです。
あとはこの生活スタイルに、バイオリンの練習を組み入れることができたら、
僕的には理想なんだけどなぁ。

さてさて、あんまり練習することのなかったバイオリン。
今日は久しぶりに練習をしましたですよ!


おっと、

「今日も練習しましたよ!」ゴホッ>(-_-;)


内容は…というと、まずはチューナーを使ってA線の音合わせ。
そのAの音を基準にしてチューナーを使わず自分感覚でD線の音を合わせてみる。
そして、チューナーでチェックしてみる。
次に同じやりかたで、D線を基準にG線の音合わせ。
そしてA線でE線の音合わせ。

こんな感じに自分の感覚でチャレンジすることによって、
基準となる音の感覚が覚えれるみたいです。

続いて、メトロノームのリズムに合わせてのボーイング練習。
弓全体に、弓元と弓先、中弓。下半分に上半分みたいな感じで、
篠崎教本1を1~10まで通しで弾いてみる。

こんなの
篠崎バイオリン教本1

前回のレッスンで言われたのが、
「弓を返すときに段々と音が小さくなってる」と。
「スラーをかけようとしてるのかどうか分からないけど、
ここは「ガリッ」て言うくらいの気持ちで素早く弓を返すこと」とのコトデシタ。

次回のレッスンでは、篠崎教本1~10のテストです。
普段の練習では、1~10だけでなく、どんどん進めていいとのこと。

でも今、弓の持ち方が合っているのかどうなのか不安。
特に弓先を使おうとすると、弓を持つ所を段々と上げてきてしまうので、
すでの持ち方自体を間違ってしまってそうです。

早くレッスン行かないとな。

あとせっかくの1からのスタートなので、
バイオリンの録音動画を残そうか考え中。

う~ん。どうしよう。
してみたいけど、勇気がない。


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
↑応援クリック、よろしくです!

僕のバイオリン。 

さて、今日はバイオリンのお話です。

実のところ、あんまり練習してないです…。
いや、むしろほとんどしてないです…。
いやいや…本当のこと言うと、触ってもおりません…。(-.-;)

だって、だって、だって…。
レーーー、ミーーー、とか練習していると、近所に音が聞こえてなんだか恥ずかしい…。
電子ピアノだと、ヘッドホンすれば近所の人には聞こえないから、気兼ねなく練習できる。


あ~ダメダメ。またこんなこと言ってしまった。
こんなから上手くなれない。頑張らないと!



さて、今日は楽器の紹介の紹介を。

まずはバイオリン1号(仮称)。

バイオリン1号

僕の宝物のひとつ。
ちょっと古いため、少し剥げてるバイオリン。
どちらかと言えば、深みのあるこげ茶色です。
1907年に作られたハンガリー製、Stowasserさんの作品のようです。

あまりにも音痴なようですね…。
シールを貼られちゃいました。v(-_-)ィェィ。

今度、いくらくらいの価値なのか調べてもらおう。
お金で買えない価値がある、プライスレスの愛器。
これから一生をかけて共に歩む、大切な相棒です。


そして、バイオリン2号(仮称)。

バイオリン2号

ヤマハのサイレントバイオリン、SV150のワインレッド。
ワイン色とか、紫色が好きなんです☆
一昨年かな、その前かな…。衝動買いで手に入れたバイオリン。
ちょっとくらい弾けるかな~なんて買ったものの、あまりの弾けなさに
今まで押し入れに封印していました。

本当の事を言うと、無駄使いしたなと今でも後悔しているモノの1つ。



そして、教本。

篠崎バイオリン教本

レッスンが決まって、ワクワクドキドキしながらも色んな方のバイオリンブログを
チェックしてました。
「鈴木教本かな~、新しい教本かな~、どっちを使うんだろ~?」
なんて楽しみにしてたのに…



(・_・)エッ....? しかも1(>_<)。



って感じでした。


レッスンには、月に2回くらい行く予定にしてます。
本当は週一くらいで受けるべきでしょうが…。
のんびりのんびりと進んで行くと思いますが、
それでも一歩ずつ確実に進めたら…と思います。


ん~目標は10年後。
アマオケとか入れたら、カッコいいヾ(≧∇≦*)ゝ

その時は、いいお年頃になってますが…。(//▽//)


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
↑応援クリック、よろしくです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。